マウスピース矯正

当院の矯正歯科治療

当院は歯並びを整えて美しいスマイルで笑える口元にすることはもちろんのこと、噛み合わせを整えることも主な治療方針としており、これによって歯周病や虫歯から歯を守ることができます。また噛み合わせを整えることを目的とした矯正治療は顎の関節の負担を軽減してくれることで、肩こりや片頭痛の改善にも繋がります。見た目だけを重視した矯正治療では長期的に健康的な歯並びを手に入れられるとは限りません。

大学病院の矯正歯科で研鑽を積んだ矯正治療を専門で行う歯科医師が責任をもって治療を担当いたします。

さらに当院は虫歯治療や歯周病治療を行う一般歯科治療を一緒に行なっているため、矯正治療以外のおいてもお口の中の管理を包括的に行うことができます。

歯並びが少しでも気になる方は是非一度ご相談ください。

  • 赤間 康彦

    Yasuhiko Akama

    <経歴>

    九州歯科大学歯学部 卒業

    九州歯科大学顎口腔機能矯正学分野博士課程修了 歯学博士取得

    福岡県内の複数の医院で矯正治療を主に勤務

    <所属>

    日本矯正歯科学会

    九州矯正歯科学会

    日本アライナー矯正歯科研究会

    日本臨床歯科学会

矯正のドクターから一言

昨今は安価にできるマウスピース矯正などが広まっていて沢山の種類がありますが、そのほとんどは「前歯だけの部分矯正」です。前歯だけ並べても、すぐに後戻りしてしまいます。前歯の歯並びが崩れている原因は奥歯にあり、奥歯からしっかりと直さないと本当の綺麗な歯並びにはなりません。
当院は奥歯から前歯まで矯正治療を矯正治療を行うことを目的にしています。

また当院では、CTで顎の関節から、歯の周りの骨の厚みを計測し、その人本来にあった歯の位置を目指し、安全で確実性のある治療を行なっています。安心してご相談ください

矯正治療インビザライン

インビザラインの特徴当院が選ばれる理由インビザライン治療の流れ安心の料金体系Q&A

取り外し可能な透明のマウスピース型の矯正装置で歯並びを治します。
自然で目立ちにくいため、装着していてもほとんど気づかれる事はありません。

歯並びを治したいけれど「矯正中の見た目が気になる」「接客業なのでワイヤーを付けられない」という方にもおすすめの矯正方法です。

インビザラインは1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社が提供を開始し、現在では日本、アメリカ、ヨーロッパ等世界100国で使用されるマウスピース矯正を代表する矯正装置です。

また、他のマウスピース矯正と違う点は圧倒的に今までの症例数が多い事は勿論、最終的なゴールである理想的な歯並びを考えた上で歯を並べていくので、お試しで2、3枚から行えます!といったゴールが決まっていないマウスピース型の歯列矯正とは異なります。

一般的なワイヤーとブラケットの矯正装置とは違い、透明なマウスピース(アライナー)を使って、一定期間事に新しい装置に交換し、徐々に歯並びを治していきます。

インビザラインの特徴

  • マウスピース矯正の一つであるインビザラインは透明なマウスピースを付け替えていくことで歯並びを治していく方法です!

    透明で目立たず、見た目を気にすることなく矯正治療が行えます。

    患者さん自身で取り外しが出来る為、食事の時や歯磨きも普段通り行えます。

当院が選ばれる理由

1

当院のドクター全員がインビザライン認定歯科医師

  • 当院に在籍する全ての歯科医師がインビザラインの講習を受け、インビザライン認定歯科医師となっております。
    その上で矯正専門の歯科医師が初めに患者さんの無料矯正相談を行い、計画を立てています。

    また、定期的にメンテナンスでも担当医がチェックし、口腔内写真の撮影などを行い、予定通りに治療が進んでいるか確実に診ていきます。

    外部の矯正医に委託して行っている医院の場合、最初の計画のみ矯正医が立て、あとは別の歯科医師や歯科衛生士で診ていく医院もありますが、当院は一貫して担当医が診ていきますので不安な事や疑問点等気になることがあれば気軽にご相談ください。

2

口腔内スキャナーiTero element導入医院

  • 今までのインビザラインはお口の型どりをシリコンという材料で取っていました。
    お口の中がいっぱいになるので苦しく、苦手な人が多いのではないでしょうか?

    口腔内スキャナーiTero elementを使用することでお口の中をスキャンし形を取り込むことで苦痛を感じにくく、また型どりの精度も上がる為より正確に歯を並べていくことが出来ます。

    また、スキャンした画像をメールで送ることで、従来の型どりした物を宅配便で海外に送るよりも早く、これにより治療をよりスピーディーに行う事ができます。

3

矯正加速装置の併用による治療期間の短縮と痛みの軽減

  • PBM healingという光による矯正加速装置を併用する事で、通常アライナーの交換期間である2週間~1週間を3日~5日交換に短縮する事ができます。

    この加速装置はLEDによる近赤外線ライトが骨や神経を活性化し、これにより歯の移動を早める事により矯正治療期間を短く出来るだけでなく、歯の移動に伴う痛みも軽減させる事が出来ます。

インビザライン治療の流れ

1

初診 無料矯正相談

初診の矯正専門の歯科医師によるカウンセリングです。
まずは現在の歯並びについてお悩みをお聴きします。

治療に関する不安や疑問点等なんでもご相談ください。
患者さんの希望や歯の状態から患者さんにあった治療方法の提案を行います。

また、口腔内スキャナーを使用し、現在の歯並びをスキャンする事で、簡単な歯が並んだ後の綺麗な状態のシュミレーションを行うことも出来ます。(その際スリーブ代として別途1000円頂きますが、契約頂いた場合は差し引きさせて頂きます)

相談やシュミレーションにより十分納得されてから今後治療を行うかどうか決められてください。

※簡易シュミレーションは精密検査後の治療計画とは異なる可能性があります。

2

精密検査

口腔内スキャナーを使用し光学印象採得

口腔内写真

全体のレントゲン写真撮影

虫歯、歯茎の状態の検査

提携医院にてCT、セファログラム撮影

これらの検査を厳密に行う事で、歯並びだけでなく正面からの顔立ちや横顔、また顎の骨の幅や奥行きを見る事で顎の骨に対して歯がどれくらい並べられるか等をしっかりと見ていきます。

マウスピース矯正でよくあるトラブルの1つである、歯を並べて行くと歯がぐらぐらしてきた等の原因の1つとして不十分な検査が挙げられます。
当院ではこれらの検査をしっかりと行う事で見た目の歯並びだけでなく安全に歯を動かしていくという点を重視しております。

※インビザラインフル、前歯部矯正等行う治療により検査内容も変わってきます。

3

検査結果説明

採得した資料を元に計画を担当した歯科医師が実際に治療計画を説明していきます。

治療期間やアライナーの枚数、治療に際しての注意点等を説明し、疑問点の解決と治療方針に対してしっかりご理解頂き、納得頂いてから治療を開始していきます。

4

アライナー装着

届いたアライナーを実際にお口の中に付けてもらい、取り扱い等についての説明があります。
22時間の装着時間がとても重要になってきますのでその点に関しても再度お伝え致します。

また、同日もしくは別日にアタッチメントという歯に白いプラスチックのボタンを付けていきます。
必要があればIPRといって、スペースを作るために歯を決められた量だけ削合します。

5

定期検診+メインテナンス

アライナーがきちんと装着されているか

予定通りに歯が動いているか

虫歯や歯茎の状態は変わりはないか

口腔内清掃

口腔内写真撮影を行い、担当医が治療計画と照らし合わせて治療の進行に問題がないかを確認していきます。

計画通りに治療が進んでいるかの確認はとても大切で、一見アライナーがきちんと装着されているように見えても、一部分だけ浮いていたりする事があります。(アンフィットと言います)

このアンフィットを見逃してしまうと計画通りに歯が動かなくなってしまいます。

当院では治療計画をたてたドクターがしっかりと定期検診での確認を行う事で計画通りに進んでいるか、変更点が必要か等を判断していきます。

6

保定装置

全ての治療が終わり矯正治療が終了したら保定装置といってアライナーと変わらないような装置を作ります。

歯を動かして並べる矯正治療は、装置を外してすぐは、後戻りと言って歯並びがまた悪くなる事があります。これを防ぐ為にしっかりと保定装置を使用してもらう事が大切です。

安心の料金体系

矯正相談無料
基本検査3,000円程度
精密検査 インビザラインフル…5万円+税
前歯部矯正…3万5000円+税
装置代 インビザラインフル…80万円+税
⇒キャンペーン期間限定 65万円+税
前歯部矯正…上下 40万円+税/片顎 35万円+税
調整料3,000円程度
保定装置 3万円+税
オプション 矯正加速装置 PBM healing…7万円+税

●各種クレジットカード、分割払い(デンタルローン)にての支払いも受け付けております。

不明な点はお気軽にご相談下さい。

インビザラインQ&A

Q

どれくらいつけるの?

インビザラインのアライナーは1日22時間以上装置して頂きます。

ワイヤー矯正と違い、インビザラインのメリットである「取り外しができる」事で、歯磨きやフロス等の口腔清掃は今まで通り行える一方で患者さんの協力と自己管理が不可欠な治療法になります。

Q

アタッチメントとは?

インビザラインでは歯の表面にアタッチメントという突起物をつけます。
アタッチメントは歯の詰め物の治療にも使用されるプラスチック製の樹脂で、歯とおなじ色の詰め物になりますので目立ちません。

このアタッチメントにより歯に色々な方向へ力をかけ歯を理想の位置に動かしていきます。

歯の動きを決めていくアタッチメントは他のマウスピース矯正にはないインビザラインだけの大きな特徴です。

Q

歯を削ったり抜いたりするの?

顎の骨の大きさと、歯の大きさが合っていない場合に歯並びがガタガタになったり、逆にすきっ歯になったりします。
歯を並べるスペースがない場合、必要に応じてIPRといって歯の間を削ったり、歯を抜くことでスペースを作ります。

これにより歯が綺麗に並ぶだけでなく口元もスッキリとした状態を作れるため、歯を抜かずに行った場合よりもより理想的な顔立ち、横顔を作っていくことが出来ます。

IPRを行うことで虫歯になりやすくなったりという事はありませんのでご安心ください。

Q

痛みや違和感はあるの?

歯を動かして並びを整えていく為、個人差はありますが圧迫感や痛みはある程度あります。
ただワイヤー矯正と比べて違和感や、ワイヤーや装置があたることによって口内炎が出来るといった症状はほぼ表れません。

ワイヤー矯正を経験した方がマウスピース矯正を行った場合、殆どの方が痛みや違和感が圧倒的に少ないと言われております。

矯正でお悩みの方、お気軽にご相談ください(無料)